設備紹介

ホーム > 企業情報 > 設備紹介

関東工場

1980年関東第2工場として、冷間プレス専門工場で計畫、生産致しましたが、現在は2006年に関東第1工場(埼玉、八潮)と工場統合し、関東工場となりました。
統合する事により、ワンプレス工法、スピニング工法 両方の加工が出來る様になり、効率化を図る事に成功致しました。
當社の鏡板生産の主力工場で敷地12,734㎡(約3850坪)4棟の工場があり、生産量は約3500枚/月出荷致しています。

設備一覧へ

関西工場

設立から蓄え続けたプレス?スピニング?安全など生産活動に必要な高度な技術を継承した匠を配置する當社の基幹工場です。
特殊加工技術でお客様の多様なニーズに応える役割を擔っています。また社內における私達関西チームの最も大きな使命は、他の生産拠點へ最適な技術を供與し、それらを支援するための技術者や管理者を養成することです。
匠から物づくりが好きな若者へ伝承する??!國內外の工場からのシナジーで成長する??!私達は進化し続けます

設備一覧へ

北陸工場

當事業部は、日本海側地域の拠點として1968年に設立され、石川労働局第1種圧力容器製造許可工場の認可を取得しております。
現在では、発泡酒造設備、各種マンホール、半球、コニカル等の溶接構造物、高圧蒸気滅菌裝置、各種真空乾燥機の製作をしております。
各種産業分野のユーザーの皆様へ、高精度の溶接加工を中心とした製缶品?プレス加工を組み込んだ特殊形狀の製缶品をお屆けする為に多様なニーズにこたえていきます。

設備一覧へ

在办公室疯狂撞击h