社長あいさつ

ホーム > 企業情報 > 社長あいさつ

原點は継承して仕組みは革新して本質を進化させる未來に我々の生き様を殘すために 代表取締役社長 小林 三郎

日本鏡板工業株式會社は、約半世紀にわたって圧力容器用タンクに使われる 両端の蓋の部分を製作販売してまいりました。?

そして當社としましては、一貫して素材に負擔をかけない冷間加工にこだわっております。これは、特に生産設備で重要な機器であるタンクの性能と安全性をとても重視しているからです。

この様に企業としての基本的思想は継承しながら、社內的には製造効率を格段に向上させるように 工場の再編や製造設備の増強更新を繰り返し大幅なコストダウンにも挑戦してきました。そして鏡板製造の技術を生かし、各種圧力容器タンクや食品?醫薬品関係の機器を 製作するようにもなりました。

またここにきて、2012年にベトナムにも新たに圧力容器等を製作する工場も建設いたしました。われわれ日本鏡板工業は、これからも原點を継承しながら、時代のニーズを的確につかみ、 技術や組織を改革して、ユーザーの皆様に必要とさせる企業になる様毎日進化し続けていきます。

その為にも、これからもどうかご指導とご鞭撻を頂けますようお願い致します。

在办公室疯狂撞击h